OLが情報商材アフィリエイトで稼ぐ秘訣とは! 【TOP】

あなたも情報商材アフィリエイトを私と一緒に実践してみましょう。

unlimit   ●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate Ver.1,5(アンリミテッドアフィリエイトVer.1,5)」

コミュニケーション能力を飛躍的に向上させる魔法のテクニックとは!

皆様に喜んで頂けるよう、価値のある

記事作成を心掛けますね^^

 

今日の「ゆうこ」は何位でしょう~~っか??

↓  ↓  ↓

ブログランキング

 

 


 

b1bdda03cee37e52ac2c267d4034b37d_s

 

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。♡

 

今日も、ゆうこのブログをご覧頂き、

 

有難うございます^^

 

 

 

 

 

 

お客様とコミュニケーションを図るために

 

皆さんは、どのようにされていますか?

 

 

 

 

 

 

対面でのコミュニケーションスキルって

 

様々な本が出版されていて、勉強すれば

 

能力は向上させることって可能ですよね^^

 

 

 

 

 

 

 

でも、ネットビジネスの世界では、前回の記事

 

押せ押せメールで、お客様をお腹いっぱいにしてませんか?

 

にも書きましたが、相手の顔が見えない状況では

 

とても難しいと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

「共感」とひと口に言っても、相手がどんな

 

人か分からない状況で、どうすれば共感キーワード

 

を見つけることができるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

実は、それを補う「魔法のテクニック」

 

あるんです(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

その問いの答えは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手のことを、

 

「大好き\(^o^)/」

 

と思って接すること。

 

ただ、それだけなんです^^

 

 

 

 

 

 

 

人って不思議なもので

 

好きな人のことは何でも知りたくなるし、

 

好きな人の言うことは何でも信用する

 

傾向があります。

 

 

 

 

 

 

 

私もそうなんですが、どう頑張っても

 

苦手なタイプの人は存在します。

 

 

 

 

 

 

日々の仕事の場でも、そんなに多く会話を

 

していないのにも関わらず、どうしても

 

話しにくくて、取っ付きにくいという相手は

 

誰でも周りにいるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ただ、ビジネスに置き換えると、

 

「あの人は苦手だから売れないし、相手にできない」

 

では通用しませんよね。

 

 

 

 

 

 

また、得意なタイプのお客様だけを相手にしていては

 

成果なんて出ませんよね。

 

 

 

 

 

 

だからこそ、どんなお客様でも

 

ファーストコンタクトの瞬間に「大好き!」

 

心で中でつぶやきます^^

 

 

 

 

 

 

もちろん、意思の疎通を始めた途端、挫折しそうに

 

なることもありますが、それでも気を取り直して

 

もう一度、心の中でつぶやいてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

なぜ、そんなことをするのか?

 

理由は簡単です。。。

 

 

 

 

 

 

人と対面でお話する時は、まず最初に

 

「目が優しくなります^^」

 

大好きな相手を見るのに、冷たい視線で見る人は

 

いませんよね。

 

視線の優しさって簡単に相手に伝わります。

 

 

 

 

 

 

次に、声が優しくなります。

 

大好きな人と話すときは、ウキウキして

 

声のトーンが高くなりますよね。

 

 

 

 

 

 

最後に、相手に興味が沸くんです。

 

先程も触れましたが、好きな相手のことは

 

何でも知りたいものです。

 

ネットビジネスにおいては、この部分が

 

とても大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

相手に興味が沸けば、

 

「なぜこのお客様はそこを気にするんだろう?」

 

「どうしてこんなことを言うんだろう?」

 

と、たとえ否定的な意見であっても、何とか理由を

 

聞き出してみようとプラスの方向に心が働きますよね^^

 

 

 

 

 

 

 

「この人、大好き!」

 

と思うだけで、驚く程簡単に、自分に変化が現れます。

 

問い合わせを頂いた時でも、相手に興味を持って

 

接することができちゃます^^

 

 

 

 

 

 

恋愛でも仕事でも、相手を自分好みに変えることは

 

難しいですが、ファーストコンタクトで自分の気持ちに

 

少し工夫を加えることは、簡単ですよ^^

 

 

一度、試してみて下さいね(^_-)-☆

 

 

 

 

本日も、最後までお読み頂き有難うございます^^

 

 

関連するブログはこちらからどうぞ^^
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 


 

記事の内容について、ご意見などありましたら

 

メッセージをお寄せくださいね^^

 

 

アフィリエイトって自分との戦いみたいで

 

ときおり不安で、孤独感に包まれますが、

 

あなた一人じゃないですよ^^

 

 

辛くなったら いつでもご相談下さいねヾ(*´∀`*)ノ

 

一緒に一歩ずつ、進んで行きましょう^^

 

⇒ 「ゆうこ」への連絡はこちら

押せ押せメールで、お客様を「お腹いっぱい」にしてませんか?

皆様に喜んで頂けるよう、価値のある

記事作成を心掛けますね^^

 

今日の「ゆうこ」は何位でしょう~~っか??

↓  ↓  ↓

ブログランキング

 

 


 

e1740e81c7a15ffb5cf744feaf9ac485_s

 

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。♡

 

今日も、ゆうこのブログをご覧頂き、

 

有難うございます^^

 

 

 

 

 

先日に続き、料理の話になりますが、

 

私はおいしいものを食べて、おいしい

 

お酒を飲むことが大好きです^^

 

 

 

 

 

 

とくに、イタリアンにワインの組み合わせは

 

最高!!

 

考えただけで幸せになりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

 

 

 

席について、発泡ワインと生ハムなどを

 

いただきながら、次のワインや

 

メインディッシュを選んでいる時間は、

 

一番幸せなひとときで~す^^

 

 

 

 

 

 

ところで、イタリアンでは一般的に

 

前菜「アンティパスト」

lst_a02_25_25_gr

パスタなどの「プリモピアット」

lst_a02_25_25_gr

魚や肉などのメインディッシュ「セコンドピアット」

lst_a02_25_25_gr

デザート「ドルチェ」&カフェ

 

という伝統的な順番があります。

 

 

 

 

 

 

イタリアンに限らず、和食やフレンチ、

 

もしくは居酒屋でも、枝豆やサラダなど

 

軽いものから食べ始めることが多いですよね。

 

 

 

 

 

 

でも、出される料理の順番や構成について

 

考えたことあります???

 

 

 

 

 

 

実は、ブログの記事やメルマガは、

 

料理の構成と似ているんです\(◎o◎)/!

 

 

 

 

 

 

前菜やスープはメインディッシュに向かって

 

食欲を増進させ、引き立たせる役割を持っていて

 

「次は何が出てくるんだろう???」

 

と、期待を持たせる役割があります。

 

 

 

 

 

 

ブログやメルマガで言えば、前菜に当たる

 

部分が、本題に入る前の悩み情報や

 

周辺情報になり、

 

メインディッシュが、お客様にあなたが

 

一番伝えたいことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

私の場合は、メインディッシュになる部分が

 

「販売したい商品の情報や、他者と差別化する

 

アイテム情報の提示です。」

 

 

 

 

 

 

 

あなたが、アフィリエイトを実践する上で

 

記事構成を考えたときに、

 

■メインディッシュに当たるものは何なのか?

 

■どう演出すれば、一番魅力的に見えるのか?

 

その調理方法や出すタイミングは、

 

「あなたというシェフの腕に任されているのです!」

 

 

 

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

オレンジ色の言葉、カッコ良くないですか┌(┌^o^)┐)

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

何となく理解できましたか?

 

 

 

 

 

 

ポイントはお客様に「共感してもらう」こと

 

なのです。

 

 

 

 

 

 

文章を書くときは、項目の順番を考え

 

伝えたいことは期待を高めてから

 

「バーン!!」って伝えた方が

 

インパクトがありますよ^^

 

一度、ためしてみてね(^_-)-☆

 

 

 

本日も、最後までお読み頂き有難うございます^^

 

 

関連するブログはこちらからどうぞ^^
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 


 

記事の内容について、ご意見などありましたら

 

メッセージをお寄せくださいね^^

 

 

アフィリエイトって自分との戦いみたいで

 

ときおり不安で、孤独感に包まれますが、

 

あなた一人じゃないですよ^^

 

 

辛くなったら いつでもご相談下さいねヾ(*´∀`*)ノ

 

一緒に一歩ずつ、進んで行きましょう^^

 

⇒ 「ゆうこ」への連絡はこちら

お客様の「ニーズを知る」とは、お客様が「次に知りたいこと」を考えることです^^

皆様に喜んで頂けるよう、価値のある

記事作成を心掛けますね^^

 

今日の「ゆうこ」は何位でしょう~~っか??

↓  ↓  ↓

ブログランキング

 

 


 

20140307182206-140S

 

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。♡

 

今日も、ゆうこのブログをご覧頂き、

 

有難うございます^^

 

 

 

 

 

先日イタリアンのシェフとお話しを

 

する機会がありました(^_-)-☆

 

 

 

 

 

その方は、お客様の「おいしい!」という

 

笑顔を見るために、料理を作るんですって^^

 

 

 

 

 

それを聞いたとき、私はシェフも私たちも

 

役割は同じだなあ。。。って思いました。

 

 

 

 

 

それは、どちらもお客様の事を考え、相手の

 

立場に立つことが、笑顔を引き出す一番の

 

秘訣だからです。

 

 

 

 

 

ただ、私たちアフィリエイターには「メニュー」

 

ありませんので、お客様に「今日はこれ」って

 

選んでもらうわけにはいきません。

 

 

 

 

 

シェフの「おまかせ」と同じで、

 

「パソコンの向こうにいるお客様に、何を

 

出せば喜んでもらえるのか、その状況を

 

考えながらメール文を書く」

 

必要があります。

 

 

 

 

 

例えば、購入予定が先で、情報収集が目的

 

というお客様に、いきなり「良い商材が

 

あって、セール期間中です!」と、値引き

 

の話をしてもピンときません。

 

 

 

 

 

反対に、すぐにでも特定の情報商材を購入

 

したいというお客様には、長々とした商品説明

 

よりも、ズバッと条件を伝えたほうが良い場合

 

もあります。

 

 

 

 

 

 

シェフがお客様の顔や食事の進み具合を見て

 

次の料理を出すタイミングを図るのと同じで

 

アフィリエイターは、お客様の文面から

 

ニーズを感じ取り、ほしい情報をおいしく

 

調理して提供することが仕事です。。

 

 

 

 

 

 

ニーズを感じ取るというと難しく聞こえて

 

しまいますが、もっと簡単に言うと、

 

「お客様に興味を持ち”次は何を知りたいんだろう”

 

って考えること」がコツと言うか、大切なことです。

 

 

 

 

 

 

例えば、お客様からの「ゆうこさんから、

 

情報商材を購入すれば、収入を得ること

 

ってできますか?」といったメールを頂いた

 

とします。

 

 

 

 

 

そこで、「できますよ^^」って素直に答える

 

のは簡単ですよね。

 

 

 

 

 

でも、一歩踏み込んで、収入の事を聞きたい

 

ってことは、「今までアフィリで成果が出な

 

かったのかな?」または、「仕事がなくなっ

 

たのかな?」などと想像することが出来ます。

 

 

 

 

 

そうすることで、

 

「収入を得ることはできますが、今まで情報

 

商材アフィリエイトってご経験ありますか?」

 

 

もしくは

 

 

「収入を得ることはできますが、時間

 

がかかりますけど、大丈夫ですか?」

 

と、一歩踏み込んだやり取りで、リードする

 

ことができます。

 

 

 

 

 

なにより、「お客様の本当に知りたいことを

 

聞き出すことができる」のです。

 

 

 

 

お客様が、次に何を知りたいかを考えながら

 

やり取りをすることは、お客様が喜んで下さる

 

だけでなく、お客様のニーズを少しでも早く

 

知ることができますよ(^_-)-☆

 

 

 

 

 

ネットビジネスの世界では、面と向かって

 

お話しをする機会も無いですが、だからこそ

 

「積極的に、お客様と心理的な関わりを持つ」

 

ことって大切な事だと思っています^^

 

 

 

 

それでは、次回をお楽しみに^^

 

 

 

 

本日も、最後までお読み頂き有難うございます^^

 

 

関連するブログはこちらからどうぞ^^
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 


 

記事の内容について、ご意見などありましたら

 

メッセージをお寄せくださいね^^

 

 

 

アフィリエイトって自分との戦いみたいで

 

ときおり不安で、孤独感に包まれますが、

 

あなた一人じゃないですよ^^

 

 

 

辛くなったら いつでもご相談下さいねヾ(*´∀`*)ノ

 

一緒に一歩ずつ、進んで行きましょう^^

 

⇒ 「ゆうこ」への連絡はこちら

情報商材レビューで伝えること

 

皆様に喜んで頂けるように

 

これからも、記事更新頑張りますね^^

 

今日の「ゆうこ」は何位でしょう~~~~っか??

↓  ↓  ↓

ブログランキング

 

 


 

 

TIG93_buranketnikurumarerujyosei500-thumb-750x774-4717

 

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。♡

 

今日も、ゆうこのブログをご覧頂き、

 

有難うございます^^

 

 

 

 

 

私は、旅行が大好きです^^

 

で全然行けてませんが、その代わりに

 

仕事では、あちこち行かせて頂いてます^^

 

 

 

 

 

そんな私は、出張から帰ると真っ先に人に話すのは

 

旅先で見た光景や出来事など、自分が体験したことです。

 

 

 

 

 

 

人が一番自身を持って伝えられるのは、

 

「自分自身の体験談」

 

決して他人の作った話ではありません。

 

 

 

 

 

 

しかし、ことセールストークになると、

 

「この商品の特徴は・・・」

 

「新しいサービスのメリットは・・・」

 

など、自分の体験から外れたトークをする人が

 

多いような気がします('ェ')フム

 

 

 

 

 

 

でも、ちょっと考えてみてください。。。

 

 

 

 

 

 

カタログやマニュアルに書いてある言葉を

 

読み上げるのと、自分自身の体験を伝える

 

事と、どちらが説得力ありますか?

 

 

 

 

 

 

当然ながら

 

「自分の体験や、実話を伝える事ですよね」

 

 

 

 

 

 

最近は、よほどの事でも無い限り、競合する

 

他社製品との差って、そんなにありません。

 

 

 

 

 

 

また、あったとしても、すぐに追いつかれ

 

ちゃう程の差です(^_^;

 

 

 

 

 

 

ですから、製品上の特徴や優位点をいくら

 

アピールしても、比べているお客様には

 

それ程の違いには映らないんです。

 

 

 

 

 

 

例えば、先日会社で複合機を入れ替えたんですが

 

他社の製品と比べても、同じような価格帯であれば

 

同じような機能が備わっていますし、メーカーも

 

当然ベンチマーク商品を研究して競合するように

 

作りますので、圧倒的な強みってそんなに無いんです(^_^;

 

 

 

 

 

 

お客様がブランドやメーカーに好みがあれば別ですが

 

そうでない場合は、選ぶ条件が高いのが

 

セールスパーソン(売る人)になります。。

 

 

 

 

 

 

単なる商品のPRであれば、CMでもできますが、

 

そのCMでできないことが、体験談を交えて

 

生の声を伝えること。なんです^^

 

 

 

 

 

クチコミに影響力があるのって、まさに

 

この体験談だからなんですね。

 

 

 

 

 

 

お客様の心を掴むのって、つくられた

 

セールストークではありません。

 

 

 

 

 

 

型にはまったセールストークから抜け出す為に

 

まずは、「今までの自分の体験談を言葉に

 

してみましょう。」

 

 

 

 

 

 

きっとお客様の反応は変わるはずですよ^^

 

 

 

 

 

 

情報商材のレビューなんかで、体験談を

 

つたえると、よりリアリティが出るので

 

説得力が高まりますよ♪

 

一度、お試しくださいね^^

 

 

 

 
本日も、最後までお読み頂き有難うございます^^

 

 

関連するブログはこちらからどうぞ^^
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 


 

記事の内容について、ご意見などありましたら

 

メッセージをお寄せくださいね^^

 

 

 

アフィリエイトって自分との戦いみたいで

 

ときおり不安で、孤独感に包まれますが、

 

あなた一人じゃないですよ^^

 

 

 

辛くなったら いつでもご相談下さいねヾ(*´∀`*)ノ

 

一緒に一歩ずつ、進んで行きましょう^^

 

⇒ 「ゆうこ」への連絡はこちら

情報商材レビューサイトの書き方

 

皆様に喜んで頂けるように

 

これからも、記事更新頑張りますね^^

 

今日の「ゆうこ」は何位でしょう~~~~っか??

↓  ↓  ↓

ブログランキング

 

 


 

 

439549f187596821f605ae72fb352d8f_s

 

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。♡

 

今日も、ゆうこのブログをご覧頂き、

 

有難うございます^^

 

 

 

 

 

最近、情報商材や、商品などのレビューサイトで

 

いろんな記事を目にすることがあります。

 

 

 

 

 

もし、あなたが今後、レビュー記事を作成する際に

 

どんな所に気をつければ良いのでしょうか?

 

 

 

 

 

基本的には、読者さんが欲しくなるような記事を

 

書く事ができれば良いんですが、最近では販売する

 

商品や情報商材をすっごく褒める内容のものが

 

多いんです。

 

 

 

 

 

そこに何故か違和感を感じるのは私だけ

 

でしょうか????

 

 

 

 

 

記事を書く際のポイントとして、私が感じた

 

ところを今回書いてみますね^^

 

 

 

 

 

あなたは、紹介する商品や商材を褒めるのは

 

当たり前と思っていませんか?

 

 

 

 

 

私もよく会社では、勉強会などで良い点を

 

書き出したり、社内のスタッフと

 

褒め言葉を探したりします。

 

 

 

 

 

このように、商品のセールスポイントを

 

見つけることは大切なのですが、それを

 

「聞く側になって考えてみると」面白い

 

ことに気づく事があります。。。

 

 

 

 

 

たまに、近所の小さな子供と話をすると、

 

「あれも知ってる、これも知ってる」

 

「こんなこともできる」と無邪気に自分の

 

アピールをする子がいますよね。

 

 

 

 

私も相手が子供なので、「すごいね^^」

 

って調子を合わせるのですが、そうすると

 

終わる頃にはこっちが疲れている・・・

 

なんて経験はないでしょうか。

 

 

 

 

これをセールスに置き換えて、

 

子供の無邪気なアピール=セールスポイントのアピール

 

と考えると、「褒め言葉ばかり続く事が、いかに

 

マイナスに働いてしまうか」分かりますよね。

 

 

 

 

 

販売したい商品に、誇りを持ってセールス

 

しているので、褒めたくて当然なんですが

 

お客様の立場になって考えるとどうでしょう。

 

 

 

 

 

自分の商品の良い事を言うのは当たり前で

 

直接的に「こんな点が良いんです!」

 

「ほかの商品と比べてここが良いんです!」

 

と並び立てられるのは、ちょっとウンザリ

 

しませんか?

 

 

 

 

 

先日の社内研修で、私が「商品の褒め方」

 

ついて例題を出してみたんですね。

 

 

 

 

 

それは、イタリアの会社が日本でソファ専門のお店を

 

出店した際、お客様に商品の説明方法として

 

どのようにデザインを褒めるか?

 

という例題でした。。

 

 

 

 

 

良い例と悪い例を挙げてみますね。

 

 

 

 

 

 

■悪い例

 

「このソファは、本当にデザインがよくて、やっぱり

 

日本やアメリカのソファとはセンスが違いますよね」

 

 

 

■良い例

 

「イタリアは洋服も車もそうですけどデザインには

 

とてもコダワリがあって、ソファにもそれが生かされ

 

てますよね」

 

 

 

 

 

 

この二つの違いは、表現が「直接的」「間接的」

 

という点です。

 

 

 

 

 

 

悪い例では、セールスポイントであるデザインを

 

直接褒めているのに対し、良い例では、一般的な

 

常識を使って「だからソファもそうなんです」

 

いうニュアンスを込めています。

 

 

 

 

 

さらに、悪い例では日本とアメリカとの比較で

 

イタリアのソファを褒め、結果的にそれらを

 

マイナス評価しているのに対し、良い例では

 

イタリアの別ジャンルを褒めながら、結果的に

 

イタリア文化全体を褒め、比較対象として

 

「劣っているもの」を作り出していませんよね。

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトでも同じことが言えます。

 

 

 

 

 

 

情報商材をお客様に紹介する際、

 

お客様の頭の中に、比較する商品が無い場合

 

悪い例のような説明でもOKなんです。

 

 

 

 

 

 

でも、比較する商品が他にある場合、

 

直接的な褒め言葉ってお客様からすると、

 

「売る側のえこひいき」に聞こえてしまいます。

 

 

 

 

 

もちろん、セールスポイントを褒めちゃダメ

 

とは言いません。

 

 

 

 

 

ただ、もしたくさんの魅力を伝えたいのであれば

 

「一番の魅力は何か??」をキッチリ考えた上で

 

表現方法を少しだけ間接的に変えてみましょう。

 

 

 

 

 

きっとお客様は好感を持って、文章を読んで

 

下さるはずですよ^^

 


 

本日も、最後までお読み頂き有難うございます。

 

 

記事の内容について、ご意見などありましたら

 

メッセージをお寄せくださいね^^

 

 

 

アフィリエイトって自分との戦いみたいで

 

ときおり不安で、孤独感に包まれますが、

 

あなた一人じゃないですよ^^

 

 

 

辛くなったら いつでもご相談下さいねヾ(*´∀`*)ノ

 

一緒に一歩ずつ、進んで行きましょう^^

 

⇒ 「ゆうこ」への連絡はこちら

 

 

関連するブログはこちらからどうぞ^^
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 

ゆうこの秘密

ゆうこ


アフィリOL:ゆうこ
 
初めまして^^

神戸市在住で28歳の

「ゆうこ」です。

OLで普通の私が月50万も稼げるなんて・・・Σ(゚д゚lll)

でもそんな私が今回
「月間100万円!!!」 を目指してみようと思います。

無理かなぁ・・・(笑)

でもチャレンジしてみますね^^

=>詳しいプロフィール

ブログランキング

クマさんを「ポチッ」と押してくれたら、メッチャ嬉しいです^^


最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
 

ゆうこのオススメ!!

カテゴリ一覧

サイト内検索

3Dタグクラウド
メタ情報

ページの先頭へ

DXLIVE「ライブチャット zeus」